ボキャ貧

「ぼきゃひん」と打ち込んで、変換させたら、
一発で「ボキャ貧」という単語に変換されました(^^;
ちなみに僕は、日本語入力にはATOKを使用しています。
おそるべし、ジャストシステム(笑)

さて、「ボキャ貧」といっても、故小渕恵三元首相の
ことではありません。
今朝、まひるちゃんのラジオを聞いていたら、
まひるちゃんが「ラジオのパーソナリティを半年やってみて、
自分のボキャブラリーの少なさを知った」なんて
語っていたものだから、この言葉を思い出したのです。

まひるちゃん曰く、ラジオ番組のパーソナリティをしていて、
「自分が伝えたいと思っていることを、リスナーに
伝えきれていないんじゃないかと後から思うことがある」と……。

そんなトークで我が身を振り返ると、やっぱりボキャ貧です(;_;)
こうして、文字媒体で人に伝える時はまだいいのですが、
言葉で人に伝えるのがとにかく苦手。
その一つが、就職試験の面接ですね。
新卒の時も、これで苦労しましたし、その後転職する時も、
面接で上手く話せないことに結構悩みました。
その後、今の会社にいながら、もう一度転職しようと一時期
動いていた時期があるのですが、役員面接まで行ったにも
かかわらず、その最終段階でうまく話せなくて、
不採用になったなんてことがありました。

最近は、仕事で勉強会の講師をしたり、ユーザーとの
打ち合わせの席に顔を出すことがよくありますが、
やっぱりそういった時に自分のボキャ貧ぶりを
思い知らされます。

話すことって、本当に難しいです。
どうすれば上手くなれるのか、毎日のように考え込んでいます。
[PR]
by kuniyan_j | 2004-10-02 23:12 | その他
<< 雨…… 高見沢恭子 >>