魔性の人、高見沢恭子

「結婚のカタチ」10回目。
だんだん気持ちが複雑になってきました。
人間関係を乱してでも、自分の欲望を満たそうとする恭子さんには、
人間としての嫌悪感を感じることがあります。
でも、その一方で、有里さんを睨みつける表情に、ある種の
美しさを感じずにはいられないのです。
恭子さんは魔性の人です。

先日のファンクラブイベントで、まひるちゃんが
「高見沢恭子は色々と考えさせられる役だった」と
言っていましたが、その意味がわかってきたような気がします。

このドラマの脚本上の悪役は高見沢恭子。
でも、決して悪役という言葉では片付けられないものがあります。

これから恭子さんはもっと怖くなっていくわけですけど、
きっと、感じさせるものは、恐怖感や嫌悪感だけでないような気がします。
[PR]
by kuniyan_j | 2004-10-19 23:51 | まひる(結婚のカタチ編)
<< 何とか帰宅 強烈な台風 >>