悪役を演じる

裏番組との出演重複のために見られなかった
「結婚のカタチ」の再放送を見終えたところです。

持ってはいけない関係を持ったあげく、
「大介さんの子を妊娠した、産みたい」と言って、
周りの人を不幸にする恭子さん。
やっぱり人間的にかなり嫌悪感を感じます。

ただ……、やっぱり「女優 紺野まひる」はすごいです。
演じる人の力がなければ、恭子さんへの嫌悪感なんて
生まれる訳ないです。
でも、まひるちゃんの演じる恭子さんは、僕に思いっきり
嫌悪感を抱かせてくれます。
そこまで見事に悪役を演じている。
まひるちゃんの女優としての大きさを感じました。

残り2週間、まひるちゃんの悪役ぶりを見守って
いきたいと思っています。
[PR]
by kuniyan_j | 2004-10-30 02:45 | まひる(結婚のカタチ編)
<< 調子が崩れ気味 「瞳を閉じて」と「かたちあるもの」 >>